観光スポット/金作原原生林

Table of Contents

概要

P1020594-m.JPG

 金作原(きんさくばる)原生林は奄美大島の奄美市名瀬と奄美市住用町、大和村のほぼ境にある森です。
 照葉樹林の中に亜熱帯特有の大型のシダであるヒカゲヘゴ(写真)を間近に見ることができます。
 巨大なオキナワウラジロガシの板根やさまざまな植物を観察できます。
 季節によっては鳥の鳴き声やキノボリトカゲなどの小動物を見ることができますが、木々の密集度が高く、見通しがきかないので鳥の観察はちょっと難しいかもしれません。

 レンタカーなどで現地に行っても、公園として整備されているわけではなく、簡単な看板があるだけですので、初めての方はどんな森なのかはわからないと思います。
 最初はツアーをご利用になることをお勧めします。
 当社(観光ネットワーク奄美)でご案内している金作原の様子はこちらでご覧いただけます。

アクセス

  • バス路線から歩いていける距離ではありません。
  • 現地までの道路は細い林道で金作原の周辺は未舗装道路ですので、車でのアクセスはお勧めできません。
     (参照:道路事情

施設など

  • 駐車場など公園として整備されているわけではありません。
  • トイレはありません。

注意事項

  • 動植物の採取は一切禁じられています。また、水源地として保護されているところですので、水源を汚す行為や焚き火、タバコの投げ捨てなど山火事になるような行為も禁じられています。

管理

 国有林であり九州森林管理局が管理しています。(金作原の紹介はこちら
 自然観察教育林・保健保安林です。

その他

 残念ながら国定公園に指定されていません。

添付ファイル: fileP1020594-m.JPG 1653件 [詳細]
最終更新のRSS    管理者用[ トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ]
Last-modified: 2008-03-05 (水) 16:47:30 (4184d)